初診の方は
必ずご予約ください

0790-48-4300

診療時間/9:30~12:00 15:00~19:30
休診日/土曜午後・日曜・祝日

院長コラム

副腎の疲れをとって朝から活動的に

副腎の疲れをとって朝から活動的に

副腎に疲れをためない方法

体の炎症を抑えることです

コルチゾールの無駄使いを減らすには

体の炎症を抑えることが必要です。

腎臓の上にある小さな臓器ですが、

体へのホルモンの働きには大切な臓器です。

腎臓は血液のろ過や水分・尿の再吸収のほかにも

利尿ホルモンなどのホルモンも出しています。

副腎はストレスに対応する

コルチゾールの生産が大きな役目です

ここでのストレス(自律神経的に)は、

体の痛みや炎症も体へはストレスになります。

これを整体で少なくする、気持ちよくなると

体も気持ちも楽になり

結果、副腎への疲労も減ってきます

 

朝が苦手な人は副腎が疲れているかもしれません

コルチゾールは一日の中で

午前中に多く分泌されるホルモンです。

朝が苦手で朝起きて

始動しだすに時間がかかる人は

副腎疲労に注意です

副腎の疲労を減らすにはストレスを減らすこと

ここでのストレスは心・気持ちの面や生活習慣で

体に良くないこと(ストレス)を見直すことです。

ストレスは脳に働き脳の視床(ししょう)の働きが悪くなると,

副腎ホルモンの働きも悪くなります。

 

食品添加物にも気を付けましょう

食品添加物や体に悪い油も

内臓に炎症を起こします。

油もシソ油・EPA・青魚などに含まれるものが

体の細胞を守ります。

口から入ったものは内臓で吸収するまでに、

酵素がたくさん働きます

脂の濃いものを食べすぎると、

消化吸収するにも内臓が頑張らなければなりません。

適量にしましょう

アルコールや糖分の取り過ぎも副腎を疲れさせます。

食生活が大切と言われるのはこんなところにも影響します。

 

体が疲れると副腎皮質からコルチゾールが分泌されます。

コルチゾールはステロイドホルモンともいわれ

体の炎症を抑える働きがあります。

ステロイド注射を連想する人もあるでしょうが、

体に適度に働けば体の炎症を抑えてくれますが、

ステロイドを入れすぎると体の免疫機能が乱れます。

アレルギーでステロイド注射の取り過ぎで、

かえって炎症を悪化させ

免疫機能を乱していることもあります。

コルチゾールはアドレナリンやドーパミンのように、

緊急に働き分けではなく、

ストレスへの長期的に対応するために

血圧を一定にしたりします。

コルチゾールは体の炎症を抑えます

コルチゾールは体の炎症を抑える働きがあり、

関節炎や筋肉の炎症などがあると

副腎からコルチゾールが働きます。

炎症は内臓にも起こり

胃腸の炎症でも同じです。

食生活が乱れたりして

胃腸の働きが悪い人は注意が必要です。

カテゴリー

当院のコースと料金

  • 交通事故負担金なし

  • 整体コース

    初診料
    1,500円

    施術料
    6,000円

  • 産後骨盤矯正

    4,000円

    ※整体メインの施術のため保険診療は保険適用分のみの施術になります。
    ※表示料金は全て税込金額です。

お問い合わせ・ご予約

初診の方は
必ずご予約ください

0790-48-4300

診療時間/9:30~12:00
15:00~19:30

休診日/土曜午後・日曜・祝日

アクセス

〒675-2242
兵庫県加西市尾崎町441-1

国家資格免許証

一般の整体ではわかりにくい
自律神経症状・
顎関節症のセミナーに
累計260時間参加
専門認定院です