初診の方は
必ずご予約ください

0790-48-4300

診療時間/9:30~12:00 15:00~19:30
休診日/土曜午後・日曜・祝日

院長コラム

睡眠障害・よく眠るには

睡眠は自律神経の回復には欠かせません

睡眠の大切な機能に体の回復があります

昼間に活動することで疲れた体を回復することです

この場合の体とは運動したり、良く歩いたなどの

筋肉などの疲れをとることもありますが

眠くなるサインには脳内の視床にある体内時計が働きだし

脳神経や自律神経を休めることもあります

休むといっても活動していないわけではなく

眠っている間に副交感神経は働きホルモンや体の炎症を

良い状態に向けるように働きます。

たかが睡眠と思わず大切な睡眠と認識が必要です

睡眠時間は個人差があり少しの時間でも深く眠れるひとは

電車やバスの中で少しうとうとしていることが

睡眠時間をカバーしていることもあます

 

睡眠障害の対策・睡眠の準備をしま睡しょう

入浴は程よい温度で

気持ちよく眠るには入浴は大切です

入浴することで体のリフレッシュ効果もあります

気持ちも体もほぐれてリラックスできます。

リラックスとは副交感神経が十分働くことです。

体を回復するホルモンが

眠っている間に働きだします。

ここでお風呂やシャワーの温度です

38度~40度が適温です。

冬場は浴室の温度にとっても違ってきますが

熱すぎると、かえって逆効果になります

42度の表示はよく見かけます

温泉・スーパー銭湯でもあります。

個人差もありますので十分体の芯から

暖かく感じればよいでしょう。

冬の時期のシャワーはなかなか体の芯から

温めるの難しいかもしれません。

 

部屋の明かりに気を付けましょう

眠って目を閉じることで、

目の神経や網膜からの神経伝達で

脳は眠りに入ったと指令を出します

眠るのも・目覚めるのも
目からの光は大切な役割の一つです
眠るときは明かりを消して、真っ暗では危険ですので
少しの明かり程度は必要です
朝方になると夏では早くから朝日が入ります
カーテンや遮光の対策が必要です。
目が覚めてしまう原因に朝日が関係していることもあります。

寝る前に長々テレビやスマホを見ていると

光が神経を興奮させます

体をリラックスさせ副交感神経を働かせるには

適度に切り上げることです

睡眠時無呼吸症候群や

寝ている間に口がカラカラの人は

注意が必要です。

自律神経が乱れています。

年齢とともに睡眠時間も変わってきます

一概に時間で7時間睡眠が良いとは言えませんが

20代前半までは体も成長期で7~8時間が適正かもしれません

高齢になれば時間も少し短くなる傾向が言われています

最近ぐっすり寝れていないと自覚があれば、

大切な睡眠と自覚して対策しましょう

カテゴリー

当院のコースと料金

  • 交通事故負担金なし

  • 整体コース

    初診料
    1,500円

    施術料
    6,000円

  • 産後骨盤矯正

    4,000円

    ※整体メインの施術のため保険診療は保険適用分のみの施術になります。
    ※表示料金は全て税込金額です。

お問い合わせ・ご予約

初診の方は
必ずご予約ください

0790-48-4300

診療時間/9:30~12:00
15:00~19:30

休診日/土曜午後・日曜・祝日

アクセス

〒675-2242
兵庫県加西市尾崎町441-1

国家資格免許証

一般の整体ではわかりにくい
自律神経症状・
顎関節症のセミナーに
累計260時間参加
専門認定院です